HOME > BLOG > あるサイトのリニューアルを終えて

あるサイトのリニューアルを終えて

あるサイトのリニューアルを終えて

リニューアルのお仕事が一段落つきました

あるサイトのリニューアルをさせて頂きました。
約1ヶ月程べったりくっついて作業させていただき、無事アップになりました。
本アップ3日前からは怒涛の追い込み。
アップ前はいつもの事です。


アップ完了後は疲れ果てました。
怒涛のラッシュ。
最後の調整。
間違いのチェック。
と、それはいつもの事です。

ではアップ後に何が疲れたと感じたのか。
それは向き合った事だと感じました。
安い言葉かもしれませんが、「今できる事の全力を尽くした」という事なのかもしれません。

何ができるか、どのようにしたいか、どう感じるか、今後どうしていきたいか。
何度も話をし、自分で体験し、楽しさも大変さも知り、
その上で考え、悩み、足りなければ追加し、また話をする。
その結果、とんでもなく楽しいお仕事をさせて頂きました。


情報の確認もおろそかで納期は非常に短納期。
これからもそんな事はあるかもしれません。
ですが、この様な昔のやり方ではなかなか思ったものは作れないと実感しました。

ある時のお仕事で、参考になるサイトとして「こんな感じで」と送ってもらった事がありました。
私はそのサイトを見た時に何をもって参考にと言っているのか解りませんでした。
そこで「どこを?」と聞くと、「リストに矢印がついてる・・・とか。」「メインビジュアル部分が大きめ・・・とか。」。
極めつけは「担当者がこんな感じのレイアウトが好きだから」でした。

依頼を受けた側からするといくつも制作しているサイトの1つかもしれません。
ですが、依頼している方はその1つだけなのです。
職種のジャンルや制作会社に合わせたものを作る事は決してダメな事ではありませんが、その企業に合ったものを考えて作る事が出来るか。
そこを考える事が出来なければどんなものを作っても「他と同じ」になってしまいます。
それではつまらない。

まずは疑問に思う事。そして話す事。
コミュニケイションがとても大事。
今回のリニューアルはそこを教えて頂きました。
ありがとうございました。

このページを共有する

Facebook
twitter
Line
googleプラス
はてなブックマーク
Pocket