HOME > BLOG > 児童発達支援デイサービス「のため・ぺっぷ」が札幌市西区にオープンしました

児童発達支援デイサービス「のため・ぺっぷ」が札幌市西区にオープンしました

児童発達支援デイサービス「のため・ぺっぷ」が札幌市西区にオープンしました

児童発達支援・放課後等デイサービスの「のため・ぺっぷ」とは

「のため・ぺっぷ」とは、札幌市西区でこころとからだの成長が気になるお子様のために運動(スポーツ)による療育サービスを行っている障がいを持った児童や、発達に心配のあるお子様の為の児童デイサービスです。

のため・ぺっぷの大きな4つの特徴

児童発達支援

3歳から就学前までの成長が気になる子供たちの思いや願いをくみ取りながら、運動による療育を通して、日常動作による自立や人・集団に対しての愛着心を育み、お友達と楽しく活動できる支援を行います。

放課後等デイサービス

子供たち同士のつながりを密にしていく中で、スポーツを通し周りとの関係を調整する力や問題を解決する力を高めていきます。また、年長者の子どもたちについてはグループリーダーとして集団での役割に対する意識の向上や社会へ出て行くための心の育成(感謝と貢献)に取り組んでいきます。

生涯学習さろん

人との関わりや心の豊かさ、生きがいのための学習時間を設け、地域社会の活性化,高齢者の社会参加・青少年の健全育成などを目的にイベント等を企画してまいります。 通常は、児童のお母様方に開放し座談会やレクレーションなど行なう予定です。軽い運動も出来ます!お気軽にご利用下さい。

スポーツ教育事業

スポーツを通して、社会に貢献できる人材の育成と「人と自然を大切に」日本の心を未来へ受け継ぐことを目的として活動して参ります。

のため・ぺっぷWebサイトもオープン

のため・ぺっぷWebサイト

のため・ぺっぷのWebサイトもオープンしました。
PC、スマートフォンどちらからでもアクセスできます。

イキイキと幸せに暮らすことを目的とした児童デイサービス

「のため」は“何のため” を忘れない!誰かのため・何かのために・・・という貢献と志を意味し、「ぺっぷ」は〈米話〉活気、元気、活力、気力、エネルギーの意味で関わる全ての方がイキイキと幸せに暮らせるようにとう願いが込められています。
発達に心配のあるお子様はもちろん、保護者の皆様や地域の皆様が共に学び、支えあえる「生涯学習さろん」も併設しています。
子どもたち・保護者の皆様・スタッフ、関わる皆さんで共に学び成長することが「のため・ぺっぷ」の願いです。

このページを共有する

Facebook
twitter
Line
googleプラス
はてなブックマーク
Pocket