HOME > BLOG > facebookで「いつもと違う場所からログインしました?」とアカウントを停止される

facebookで「いつもと違う場所からログインしました?」とアカウントを停止される

facebookで「いつもと違う場所からログインしました?」とアカウントを停止される

Facebookのアカウントが不正アクセスにより一時停止された

先日外に出ていた時の事、スマフォのメール音が鳴りました。
差出人はFacebookから。
メールのタイトルは「いつもと違う場所からFacebookにログインしましたか?」でした。

確かに外に御飯を食べてきていて、写真を撮って、掲載しようかなと思っていた所。
でもまだ掲載してないしな。。。Facebook開いてないしな。と思っていた所に飛んできたメールでした。

ちょっと遠出してたので、それがダメだったのかと思っていたのですがどうも違いそう。
という事はいつもの怪しいメールか。
と無視してFacebookにログイン。

あれ?アカウント停止になってる。。。
差出人は本家のFacebookからでした。という事は、本当に不正アクセスがあった模様です。
ちょっと焦りましたが、無事復活。
以下復活までの流れをまとめておきました。

個人が特定されるまでアカウントは復活しない

復活までは流れに沿って操作を行えば復活できます。
ですが、ちょっとおかしな点がありました。

スマフォから個人特定操作を行った時、一番最初に求められたのが「クレジットカード」の上6桁番号でした。
ん?いきなりクレジット番号の特定?と思ったので、一先ず家に帰るまで放置しておきました。

自宅のPCでアクセスすると、当然アカウントは停止になっていますが、クレジットカード番号は求められず、
操作の流れで復活する事が出来ました。

よく分かりませんが、最初にFacebookを登録した端末によって違うのかもしれません。
私はPCで登録していたし、メールもPC用を使っています。
(※PCメールはスマフォに転送をかけている為、スマフォにメールが届いたのです)

流れに沿って復活はできますが、パスワードだけは変更しなければいけない様です。 多少面倒に感じますが、セキュリティの為ですね。

不正アクセスは東京からでした

不正アクセスを解除する際に、どこから不正があったのか教えてくれます。
調べていると台湾とかアジア圏の方も多い用ですが、私は東京からでした。
クレジット情報でも盗むつもり?なのでしょうかね。。。
まっとうに働けよ。

クレジットカード会社に確認しておいた方が良い

Facebookに掲載している個人情報は読まれても仕方ないものしか掲載していませんし、名前も出ちゃってるので不正アクセスして取る様なものでもないですね。
という事はクレジット系の外に出ない情報という事でしょうか。
一応、クレジット会社には早めに確認しておいた方が良いと思います。
自分の知らない所で使われていたら本当にショックです。

このメールは無視せず対処しましょう

このメールはチェーンではないので、きちんと対応しましょう。
個人情報に関わる事なので、放っておいて大変な事になると後悔しますよね。

SNSは個人の情報をモロに出してしまう所が怖い所です。
仕事上使わざるを得ない所もありますが、出来れば使いたくない気もします。

このページを共有する

Facebook
twitter
Line
googleプラス
はてなブックマーク
Pocket