HOME > > > インターネットエクスプローラー8(IE8)のサポートが2016年1月12日に終了したので早めのバージョンアップをしましょう

インターネットエクスプローラー8(IE8)のサポートが2016年1月12日に終了したので早めのバージョンアップをしましょう

インターネットエクスプローラー8

IE8のサービスが2016年1月12日に終了しました

やっと。。。やっとこ終了しましたIE8。作る側からすると現状この子だけとっても手がかかっていました。慣れてしまえばなんとやらではありましたが、終わると聞いてホッとしてました。
ただ、いざ終わってしまうとなんだか寂しい気もします。手のかかる子はなんとやらと言う感じでしょうか。
今後はCSSでもあまりブラウザ間を気にせず使える様になりますし(まだIE9はVista終了まで残るのかな?)、嬉しい事です。
IE6、IE7、IE8と手がかかっていたブラウザ達。ちゃんと対応しているというのが常識だった頃が懐かしく感じます。

各WindowsOSのIEバージョンについて

IE8サービス終了に伴い、各OSは以下のバージョンにアップしなければなりません。
対応していない方は期間が過ぎていますのでお早めに。

  • Windows Vista SP2・・・Internet Explorer 9
  • Windows Server 2008 SP2・・・Internet Explorer 9
  • Windows 7 SP1・・・Internet Explorer 11
  • Windows Server 2008 R2 SP1・・・Internet Explorer 11
  • Windows 8.1 Update・・・Internet Explorer 11
  • Windows Server 2012・・・Internet Explorer 10
  • Windows Server 2012 R2・・・Internet Explorer 11
  • Windows 8・・・Windows 8.1 へアップデートが必要です

※Vistaは2017年、7は2020年にサービス終了予定。

最近OSやブラウザのサービス終了が多いのはなぜ?

最近ではXPのサービス終了やそれに伴うソフトウェアの変更、ブラウザのバージョンアップなど最近よくサービス終了を耳にします。
それはセキュリティの強化という点です。古いバージョンだと定期的なプログラム更新だけでは、ウイルスなどに対応出来なくなってしまう為です。
2009年、IE8の悪意あるソフトウェアからの保護件数は69%、IE11に関しては99%となっており、古いバージョンよりも新しい方がより安全という事になります。
サービスが終了をしたものを使い続けていると、セキュリティ更新プログラムが提供されないので永久的に悪意ある攻撃を受け続ける事になります。
あー怖い。

各バージョンのダウンロード

Windows8の場合

Windows 8.1 へのアップデート方法 (Windows 8)

IEが最新バージョンになる事でCSSがちょっと使いやすくなる

IE8が使われている時は、IE8だけに対応しなければならない事が多かったです。
html自体は昔程(ネスケ6とか辛かった記憶があります)大変ではありませんでしが、透過や角丸などCSS3で対応できない部分が多かったので正直面倒でした。
今後はIEも他のブラウザと同様に最新バージョンがベースになる様ですので、ちょっとホッしています。
ただ、IE8だけに対応する為に試行錯誤した事は今後も活きてくるかと思いますので、良い時代に作っていたなーと思います。
嫌いでしたけどね。

このページを共有する

Facebook
twitter
Line
googleプラス
はてなブックマーク
Pocket

2016.01.16

ブラウザの記事を読んだ人にオススメ

関連する記事はございません