HOME > > > Googleアナリティクスで参照元のURLを調べる方法

Googleアナリティクスで参照元のURLを調べる方法

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスで参照元を調べる

Googleアナリティクスは無料のアクセス解析ツールです。訪問者数や直帰率を調べる事ができますが、ユーザーがどこから来たのか、どの様に検索されたのか知る事もとても大切です。
参照元データを調べるには設定が必要になりますので、設定方法をご紹介します。

アナリティクス設定

アナリティクス設定をクリックします。
設定ページが開いたら、アカウントの「すべてのフィルタ」をクリック。
すべてのフィルタページが開いたら、赤いボタンの「新しいフィルタ」をクリック。

アナリティクス設定
02

ビューにフィルタを追加します。

では次にビューにフィルタを追加します。
下記の様な設定をしてください。

【フィルタ名】
自分が解りやすい任意名

【フィルタの種類】
カスタム フィルタ
詳細

フィールドA -> 引用A:参照 (.*)
フィールドB -> 引用B:入力の必要はありません
出力先 -> 構成:$A1

フィールド A は必須:はい
フィールド B は必須:いいえ
出力フィールドを上書き:はい
大文字と小文字を区別:いいえ

入力が完了したら「保存」をクリック。

ビューにフィルタを追加

ビューにフィルタを適用します

使用可能なビューに「すべてのウェブサイトのデータ」が入ってますので、追加で「選択したビュー」に移動します。

ビューにフィルタを適用

設定完了です

上記で設定は完了です。
反映するには約1日くらいかかりますので、次の日にワクワクしながらアナリティクスを開いてください。

このページを共有する

Facebook
twitter
Line
googleプラス
はてなブックマーク
Pocket