HOME > > > イラストレーターで文字を立体的な草原の様に加工する方法

イラストレーターで文字を立体的な草原の様に加工する方法

草文字

文字を草原にします

文字を草原にする。一見そんなに使わないよと思うのですが、これがちょっとカッコイイ。デザインのネタにもなります。
文字を加工する事ができれば他のオブジェクトにも使えるのでぜひ覚えておこうと思いました。
1つのデザインネタとしてご紹介します。

草原にしたい文字の準備

草原化したい文字を入力します。文字の入力が終わったら同じテキストをコピーしておいてください。後で使います。
入力が完了したら、「書式」→「アウトラインを作成」で文字をアウトライン化し、
「オブジェクト」→「分割・拡張」で文字を分割します。

分割

草の元となる模様をつける

分割した文字を選んで、「効果」→「スケッチ」→「ノート用紙」を選択。
設定は初期の状態でOKです。

ノート用紙効果

ラスタライズを設定する

効果をかけた文字を選んで、「オブジェクト」→「ラスタライズ」を選択。
解像度は高めにし、背景を「透明」にします。

ラスタライズ

文字をトレースする

ここまでの設定で文字が一旦画像になっていますので、文字をトレースします。
「オブジェクト」→「ライブトレース」→「トレースオプション」を選択し、以下の様な設定をします。
設定が完了したらトレースボタンをクリック。

ライブトレース

文字以外の不要な部分は削除

トレースが完了したら、「オブジェクト」→「分割・拡張」を選択し分割させます。
ダイレクト選択ツールで文字を囲っている枠と「a」の中を選択し削除します。

ライブペイント

文字にグラデーションをかけます

分割した文字を全選択し、グラデーションをかけます。

グラデーション

文字に影をつける

ここで最初にコピーした文字がやっと登場です。
コピーしておいた文字を選択し、「効果」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」をかけます。
数値は「2」か「3」くらいでちょうどいいと思います。

影

文字を重ねて影にする

ぼかしをかけた文字と草文字を重ねて立体的にします。

文字立体

完成

背景を入れて完成です。
フォトショップで草写真をマスクで使ったりするのもリアルに表現できますが、イラストレーターでも悪くないですね。

草文字

このページを共有する

Facebook
twitter
Line
googleプラス
はてなブックマーク
Pocket

2014.05.17