HOME > > > Photoshopを使って大小様々なドットをサイバー的な模様にする方法

Photoshopを使って大小様々なドットをサイバー的な模様にする方法

サイバー模様

大小様々なサイバー的な模様

背景をちょっと飾りたい、規則的な模様よりもランダムにしたいなんて時に便利な模様です。 イラストレーターでランダムな動きを作り、フォトショップで加工していきます。 パターンの1つですので、ちょっとした模様に迷った時の参考にまでに。

イラストレーターで丸を並べる

イラストレーターで黒い丸を描き、並べていきます。

丸を並べる

大小様々な大きさにする

イラストレーターで「オブジェクト」→「変形」→「個別に変形」を選択。
「ランダム」にチェックを入れて、「拡大・縮小」の数値を30%前後に設定してください。

08

フォトショップにコピー

イラストレーターでランダム設定した丸達をフォトショップにコピー&ペーストします。
イラストレーターからコピーしたらレイヤーをコピーし、丸達のレイヤーを2つ作ります。
下のレイヤーは背景と統合しておきます。

レイヤー

背景にぼかしを加える

統合した背景に「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を加えます。
数値は半径10前後で加えてください。

ぼかし

選択範囲を設定

「選択範囲」→「色域指定」を選択し、色をつける選択範囲を指定します。
この時選択は「シャドウ」にしてください

選択範囲指定

シャドウ範囲を塗りつぶす

シャドウで範囲を設定したら、「新規レイヤー」を作り塗りつぶします。

塗りつぶし

色彩・彩度を調整する

追加したレイヤー「色彩・彩度」を調整します。
「色彩の統一」にチェックをつけてから色をつけていきます。

色彩彩度

丸のレイヤーに色をつける

一番上のランダムの丸模様に「カラーオーバーレイ」で色をつけます。

カラーオーバーレイ

完成

最後に背景レイヤーに「カラーオーバーレイ」で色をつけます。
最初のランダム設定で丸の大きさを納得いく形まで設定したり、着色で雰囲気も変わってくるので色々調整してみてください。

サイバー風

このページを共有する

Facebook
twitter
Line
googleプラス
はてなブックマーク
Pocket

2014.05.23