HOME > > > SublimeTextにカラーピッカーを導入する方法

SublimeTextにカラーピッカーを導入する方法

SublimeTextにカラーピッカーを導入する方法

SublimeTextにはデフォルトでカラーピッカーが入っていません

さぁSublimeTextを導入したしソースをガリガリ書いていこう!と思って、ジャンジャンバリバリ書いていた時の事。
ボーダーの色はっと・・・どれにしようかなっと・・・ピッカーはっと・・・あれ。。。カラーピッカーが無いぞ?
そうなんです。SublimeTextはデフォルトでカラーピッカーが入っておりません。
さてどうしたものか。カラーピッカーが無いと背景やボーダーなんかの色を設定する時にとっても面倒です。
#000000~#ffffffまで全部覚えてられません。
後々というか既に困っているのでSublimeTextにカラーピッカーを導入しちゃいましょう。

カラーピッカーをインストールする

それではSublimeTextにカラーピッカーを導入していきましょう。

インストールパッケージを開く

「CTRL」+「SHIFT」+「P」で検索窓を表示。
検索窓に「Install」と入力すると一番上に「Package Control:install Package」と出てくるので選択します。

install Package

カラーピッカーを検索する

インストールパッケージが開いたら検索窓に「ColorPicker」と入力すると選択に表示が出てくるので選択。
インストールが完了したら一度SublimeTextを再起動します。

カラーピッカーを立ち上げる

再起動が完了したら、「CTRL」+「SHIFT」+「C」を押すとカラーピッカーが立ち上がります。
ショートカットを忘れたら「CTRL」+「SHIFT」+「P」を表示して「color」と入力すると、インストールされたカラーピッカーが一覧に表示されるので、それを選択しても表示できます。

選択

これでカラーが選べるようになりましたので、ジャンジャンバリバリ書いていきましょう。

このページを共有する

Facebook
twitter
Line
googleプラス
はてなブックマーク
Pocket