HOME > > > WordPressでテキストエディターに定型文や決まったソースをクイックタグに追加するプラグイン「AddQuicktag」

WordPressでテキストエディターに定型文や決まったソースをクイックタグに追加するプラグイン「AddQuicktag」

クイックタグに追加するプラグインAddQuicktag

毎度ソースをコピーするのは面倒

WordPressのテキストエディターで記事を書く時は、デザインが崩れない様に決まったソースを使っていると思います。その時に毎回以前のページからコピーしてきているでしょうか。
私は以前そうでした。
新しい記事を書く時は以前使ったソースをコピーしてきて、定型文をメモ帳に残しておいて・・・というやり方をしていました。面倒というか効率が悪かったです。
「AddQuicktag」プラグインを使う事でとっても記事を書く時のソースが楽に使える様になりましたので、ご紹介します。

プラグインAddQuicktagをインストールする

プラグインから「AddQuicktag」を検索し、インストールしてください。
インストール後は「有効化」してください。

インストール

クイックタグを追加設定をする

有効化すると「設定」メニューにAddQuicktagが追加されます。

ボタン名 : エディターに表示される名前
ラベル名 : タイトルの属性
開始タグ : 開始タグ
終了タグ : 終了タグ
アクセスキー : アクセスキーを入力(無くてもいい)
順番 : タグの順番(数字を入力。0が一番最初になります)
ビジュアルエディター : チェックを入れる
post : チェックを入れる

タグの設定

AddQuicktagの使い方

タグを使う時は
1クリックで開始タグが表示、
2クリックで終了タグが表示されます。

AddQuicktagの使い方

「AddQuicktag」を有効化した時の影響

AddQuicktagを有効化して「何も設定していない」場合に見られる影響として、テキストエディターのタグが表示されない事がります。
AddQuicktagを使っていない場合は、停止すると表示される様になりますのでご確認ください。

AddQuicktag

このページを共有する

Facebook
twitter
Line
googleプラス
はてなブックマーク
Pocket